? ?
   
[生年月日] 年月日ナバの日(観阿弥と同年齢)
[身長体重] ひやわいの細さに合わせて増減するため計測不可能
[出没場所] 名張市内各地のひやわい
名張を愛する心を持った人だけが見ることのできる伝説の犬。
見た人は皆かならず「あれっこわい!」と言ってしまう。
[出没時間] きまぐれであるため出会えたらラッキー
[好       物] あれっこわい!うわさばなし。
名張饅頭・牛汁など、名張スピリットの入った食べ物
[趣       味] ナバぶら
(名張のまちをぶらぶらするという新しい流行り言葉)
美しい緑と豊かな水の流れに恵まれた名張市街。
初瀬街道の宿場町として人々が行き交い、高い文化を誇りました。
通りからふと見ると家と家の間には細い路地があり、
その下を水路が流れています。
ぶつかりそうに人々がすれ違う“ひやわい”は、名張を代表する
文化景観です。
“ひやわん”には、名張を愛する人のみ見ることができる
といった妖怪のようなストーリーを持たせました。
無感情な表情はシュールで絶妙な存在感。
名張市民に愛され、名張の魅力を全国に発信してくれるはずです!
   
古から交通の要衝として人が行き交い高い文化を誇ってきた名張市。
しかし今、文化的な側面から名張が語られることはあまりありません。
名張市民が、名張のもつ奥深い文化に愛着を持ち、
“ひやわい”をはじめとした文化景観の保全や、
観光振興につなげていくための
シンボルとして“ひやわん”は生まれました。